想像写真.ギャラリー.

写真と日々の印象.宇都宮.バーとジャズ.カクテルの街..写真無断使用禁止.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

少年は作られたばかりのガラス玉

taihai2.jpg

偶然 発見した  『KID RETURN』 ビートたけし 著 から

少年は作られたばかりのガラス玉
透明で無垢、光輝で鋭利
しかし、一日一日に、大人になるにつれ
小さな傷を負って行く
数えきれないほどの傷を
やがてガスビーのように傷つき、淡い光しか発せなくなる
大人になることは、濁りと丸み、汚れと狡さ
何十年も傷一つできなかったビー玉に大きな傷を入れて割ってしまうより
小さな傷を無数に負って淡い光を発することのほうがいいのではないか

dswko.jpg

少しも傷のない生まれたばかりのビー玉であり続けることが
素晴らしいことに間違いないけれど
一日一日、いろいろなものにぶち当って
生きていく我々に 小さな傷は必ずできる

edited-2.jpg

所詮、我々はビー玉である
ありふれたビー玉のくせして

0097.jpg

傷つかないようにしたり、人生にもまれないようにしたり
純粋なままで生きたい
自分が無傷であることを願う事
それ自体悪いことではない
しかし、自分を無傷の状態に保つために
いかに多くの人を傷つけていることか
それをわきまえない振る舞いだ

柄にもなく無垢なガラス玉でありたいと願うやつが
一度でも傷を負う立場に立つと
とり返しのできない深手を負ってしまう

DSw6326.jpg


一度も傷を負わないやつは、一度も他人と交わったことないやつ
「私は汚いことが大嫌いだ」とか
「不純なことは絶対許さない」とかいってるやつに限って
意外にロクなもんではないんじゃないか
ただ、所詮、ビー玉の我々だけれども
少年時代に見た世界の ガスに曇っていない輝きを
いつまでも忘れたくはない

汚れた大人の世界を濁った光の中で見ているだけのていたらくだけれども
かつてはオレも、外からの光をあるがままに感受し
周りのものを輪郭そのままに見つめていた時代があったことを忘れまい

光を純粋に受けとめて輝いていた時代があり
それが不純になってきた道程を忘れなければそれでいい
忘れるはずがない
傷ひとつないガラスで見た世界を
我々はビー玉なのだから

DSw5400.jpg

観覧 ありがとうございます 
ずいぶん前に フライハイトへ[私の店」へ
ブログがきっかけで わざわざ 遠くから 来ていただいた 
自衛隊 F2戦闘機のパイロットの方 ありがとうございました
更新遅れ ごめんなさい
11694759_703066996464719_3804495749940859060_n.jpg

今年は音楽の年でした
最近はジャズではなくロックです
改造 ピアニカにて ドアーズ ZEP ビートルズ ディープパープル クイーン など
毎月演奏しています
  
スポンサーサイト
  1. 2015/12/09(水) 21:25:24|
  2. 光り.日常の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015 ありがとう 渡良瀬川遊水池 ヨシ焼き | ホーム | 曼珠沙華 一炊の夢 ~ 月食 二人静「風立ちぬ、いざ生きめやも」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://syd.blog2.fc2.com/tb.php/881-c1bd880b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

td.lemon

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ