想像写真.ギャラリー.

写真と日々の印象.宇都宮.バーとジャズ.カクテルの街..写真無断使用禁止.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

足尾銅山 簀子橋堆積場

saiseki11.jpeg
通洞駅から 徒歩で... 写真欲の衝動を 押さえきれず.
仲間を一人残して... 小倉君... すまん..

簀子橋堆積場へ  急な傾斜と螺旋状の山道を
一人で 鋼石を探しながら 45分~60分?
saiseki22.jpeg
ついに 姿を あらわしました.
saikeki33.jpeg
堆積場とは 鉱石のくずなどを 沈殿させて 鉱毒が流れぬように
浄化 準備させておく所です.
saiseki44.jpeg

足尾町は.まわりを大小の山々に囲まれた谷間の町で.
銅が発見されるまでは、人里はなれたひっそりとした山村でした。

慶長15(1610)年、備前楯山に銅が発見されたと言われ
その後.江戸幕府直営の鉱山として大いに栄え、
足尾千軒”といわれる程、人家も建ちならびました.
そして、足尾でとれた銅は東照宮や江戸城、芝の増上寺、
上野の寛永寺の屋根に使われたり、寛永通宝(足字銭)というお金にもなり
約2億枚が製造され. しだいに銅が取れなくなり、廃山のようになってしまいました。

明治10年になって「古河市兵衛」が経営するようになり.
そして当時日本の鉱山運営において最新の技術、設備をとり入れた事により、
銅山は急速に発展し、我が国の産銅の40%以上を生産し、
東洋一の銅山とよばれるようになりました.
しかし、産銅の増大に伴い、煙害や水質土壌汚染が広がり、深刻な問題となりました。
明治24(1890) 年 田中正造が国会で、足尾銅山鉱毒問題を取り上げ、
大きな社会問題へと発展していきました。

大正5(1916)年には人口も、38、428人に達し、
県内では宇都宮市(5万8千余人)に次ぐにぎわいを見せました。
その後、戦争のために無計画に掘り出した結果、銅を思うように生産できなくなりました。 ついに、400年近くも続いた「足尾銅山」も1973.年2月に様々な歴史を残して
閉山となりました。
saiseki66.jpeg

負の遺産などど 言われても 大切なのは これからの現実と未来
歴史を踏まえて. 前向きに 復興させる事は 素晴らしいと 思います
saikeki55.jpeg

うん? 終わりと思わせつつ 木曜日にも 印東くんと足尾に行って来ます.
スポンサーサイト

テーマ:写真と言葉..日々の印象 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/02(月) 18:24:48|
  2. 足尾銅山.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Memorial day.酒と薔薇の日々?銀塩. | ホーム | 太陽のあたる場所へ.足尾銅山.>>

コメント

オイラも連れて行って下さい。
  1. 2008/06/03(火) 08:33:17 |
  2. URL |
  3. GENGO #KpXSHMgo
  4. [ 編集]

GENGOさん

GENGOさん おはようございます.

おそいレスで すいません.
今回は 行かないほうが 善かったです.

朝6時に行きましたが.
平日は工事や 解体作業が 多いらしく
中へは 30分しか..入れませんでした.

いろいろと 準備が進んでるようです.

とはいっても それなりには 撮ったので
後日 アップしますね.
  1. 2008/06/06(金) 01:27:01 |
  2. URL |
  3. td.れもn #uRckqWJE
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/03/28(日) 23:31:33 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

ここって進入禁止では?
私有地ですよね。
  1. 2010/11/30(火) 23:13:57 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://syd.blog2.fc2.com/tb.php/744-77f32816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

td.lemon

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ