想像写真.ギャラリー.

写真と日々の印象.宇都宮.バーとジャズ.カクテルの街..写真無断使用禁止.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紅葉.Comfortably Numb ?



Comfortably Numb ?

ちょっと 変わってますが..

吸い込まれるような..サイケなイメージ..Numb..心地よい?麻痺.心の動機..

そんな イメージ 解釈で..作りました..

スポンサーサイト

テーマ:写真と言葉..日々の印象 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/22(水) 05:05:03|
  2. 季節と想い出....
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<BAR-IN.黒毛和牛しきんぼうのロースト.. | ホーム | 琥珀.貼り絵の水鏡韻影>>

コメント

心の動悸

れもんさん、おはようございます!
仁王さまのような木です。
見張っているのか、見守っているのか。
ただそこに立ち尽くしている心地よさ。
波平的イメージも感じます。ではまた!
  1. 2006/11/22(水) 07:11:02 |
  2. URL |
  3. chiiko #KJOMvsD6
  4. [ 編集]

  また地面に堕とされて、見た下から見る青空.

目が回る、でも落ちたのはしかたがない。やり直し、がんばろう。てなかんじかな~私には、、、


心にきました。ありがとう
  1. 2006/11/22(水) 13:32:10 |
  2. URL |
  3. けいすけ #-
  4. [ 編集]

とても素敵な写真
吸い込まれていきそうってコメントにも書かれていましたが、本当にそう思います。
紅葉の色も本当に素敵です。

  1. 2006/11/22(水) 21:40:16 |
  2. URL |
  3. jully #-
  4. [ 編集]

chiko.さん

chiko.さん ひさしぶりです..

ネタが切れそうで.撮影に
ちょっと出て行ったら..とても新鮮でした..

Comfortably Numb ある曲の題名であり
歌詞の一部で..凄い難しい言葉です..
普通の外人でも 正確には訳せない言葉です.
ようはたとえ言葉..

簡単に言えば 麻痺した状態が心地いい
そういう言葉です..
ただし.この言葉は動機に薬物や特別な心理
悲しみ.タイムスリップなどの 
心の同様があるときに
使う言葉なんです..

何人かのこの曲を知る イギリス人に
聞いて 最近..答えが明確になってきた
言葉なので..使いました..
危ない言葉です..

でも殆どの人は..外人でも難解な歌詞の
中の言葉なので..直訳でしたね..

恋は盲目と似ている 意味ですね..
では..股!また..


  1. 2006/11/23(木) 18:35:25 |
  2. URL |
  3. td...れ? #-
  4. [ 編集]

けいすけ

けいすけ サンキュー..

ある意味
堕ちて行く 仮定の言葉でもあるかな..

「また地面に堕とされて、
見た下から見る青空.
目が回る、でも落ちたのはしかたがない」

ここまでは 合ってるよ..
想像力あるね...
  1. 2006/11/23(木) 18:41:09 |
  2. URL |
  3. td...れ? #-
  4. [ 編集]

jullyさん

jullyさん..
ありがとう ございます..
途中で気づきましたが..

吸い込まれるように..恋は盲目..
Comfortably Numb..
堕ちている事に気づかないくらい盲目..

何かを見た時に感じたりタイムスリップ..
過去の記憶が蘇ったり..動揺したり.
思い込みの引き金は弾かれてしまう事が
ありますね..

ただただ..見上げてしまう状態や高揚感..
そんな 意味です..
  1. 2006/11/23(木) 18:51:05 |
  2. URL |
  3. td...れ? #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://syd.blog2.fc2.com/tb.php/562-a9103063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

td.lemon

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ