想像写真.ギャラリー.

写真と日々の印象.宇都宮.バーとジャズ.カクテルの街..写真無断使用禁止.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

足尾銅山.通洞選鉱所.発電所.二人展もやってます.カフェノバ.ネペンテにて.

ast1.jpeg


7月14~19日まで.2人展やってます.
足尾や白石鉱山 渡良瀬川遊水池など.全公開します.
カフェノバ ネペンテ.場所はここです.
ast2.jpeg

ast3.jpeg

ast4.jpeg

ast5.jpeg

ast6.jpeg

ass7.jpeg

ass9.jpeg

ass10.jpeg

ass11.jpeg

ass12.jpeg



スポンサーサイト

テーマ:なんでも.栃木.! - ジャンル:地域情報

  1. 2011/07/15(金) 21:53:31|
  2. 足尾銅山.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

足尾銅山.3.Atom heart Mother.

a330.jpeg
足尾 また 行ってきました
どうも ここに行くと 原始心母.Atom heart Mother.「pinkfloyd]を
思いだして しまいます.
戦争や人の欲によって 犯された 母なる 大地.


戦争と資源.歴史と公害.エコロジーの原点
復興を願いましょう. 
a332.jpeg
下の階段は 有名です 芸術的な状態を保っています.
a333.jpeg
もう解体工事が始まって居ますので. 行きたい方は お早めにどうぞ.
a334.jpeg
3回目の入場 今回は一時間の撮影でした. 
初めての方.いろいろ見たい方. 煙突やプラント.堆積場などは 過去の物から見てください.
a335.jpeg
定番のプラント.クラッシャーを遠巻きに撮影.
a336.jpeg
右下を上がってみますと.
a337.jpeg
とても不安定な錆と腐りの状態の階段と足場.板がしいてありますね.
a338.jpeg
上に登ると こんな感じ 中々 見晴らしはいいです. 
でも 捕まる所も 不安定なので 恐いです
a339.jpeg
さらに上を見上げると こんな 穴 
クラッシャーから流れるパイプラインの跡.があります.
a341.jpeg
上から覗いて見ると ほら 恐いでしょ...
a340.jpeg
これは 一番最初の写真のノーマルバージョン.
a343.jpeg
初めて 来た方へ 
過去の写真から 製錬所内 旧足尾線 鉄道マニアなら 泣いて喜ぶ 年代物の信号.
ashiosenn11.jpeg有名な煙突.
a342.jpeg
そして 全景.
ashosen44.jpeg
いろいろ勉強になりました

初めての方で 全編見たい方は どうぞ.
http://syd.blog2.fc2.com/blog-category-42.html

テーマ:写真と言葉..日々の印象 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/23(水) 12:12:36|
  2. 足尾銅山.
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:4

足尾銅山. ふたたび...

ashiosenn11.jpeg
足尾銅山 雨の中 懲りずに 寝ずに また 行って来ました . . .

今回は行ったら 作業中で 中はちょっとしか撮れませんでした.

上の写真 銅山内部 旧足尾線です. じつは これが 撮りたかったんです.
遠くに銅山の 天守閣とも言える?巨大プラントと 
左上には硫酸タンク.通称.硫酸3兄弟?
他のブログでマニアの方が言ってました.笑い.
すいません.あくまでジョークです

とりあえず  全景をいろいろ 撮ってみました.
ashiosen22.jpeg
これは ストックから 塩素ガス 取り扱い 注意と
書いてあります 恐いですね.
ashio555.jpeg


だんだん 天気が悪くなってきました.
遠景のクローズアップ 銅山の看板がまだ 残ってました.
ashiosen33.jpeg
全景はこんな感じです 
製錬所 下にある 谷の岩肌 パイプライン トロッコの跡なども 入れて撮ってみました
製錬所は 道路の対岸. 川向こうの 谷.山の上に作られており 
道路からの撮影は 障害物や民家 木々が多く かなり 谷に近づかないと 撮れません.
ashosen44.jpeg
これは ストックから 製錬所内部.
ashiosen7.jpeg
下の写真は 現在の 足尾銅山 社員家屋内部です.
製錬所の回りに 沢山あります. 昔にしては けっこう 大きい家が多いです.
なかなか 芸術的な 壊れ方 これは ジョークですが
ある意味 変化し続け 形を変えて
何かを 主張し 生きているとも言えます.
ashiosenn6.jpeg
これも また ワイドに全景 撮りました.
飽きたら すいません. 
ashisen55.jpeg
帰りに 食堂によりましたが
観光地らしく 値段は高いのですが. とても 観光案内には 親切で 熱心で
街を愛しているような 気がしました.

テーマ:写真と言葉..日々の印象 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/08(日) 19:41:57|
  2. 足尾銅山.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

足尾銅山 簀子橋堆積場

saiseki11.jpeg
通洞駅から 徒歩で... 写真欲の衝動を 押さえきれず.
仲間を一人残して... 小倉君... すまん..

簀子橋堆積場へ  急な傾斜と螺旋状の山道を
一人で 鋼石を探しながら 45分~60分?
saiseki22.jpeg
ついに 姿を あらわしました.
saikeki33.jpeg
堆積場とは 鉱石のくずなどを 沈殿させて 鉱毒が流れぬように
浄化 準備させておく所です.
saiseki44.jpeg

足尾町は.まわりを大小の山々に囲まれた谷間の町で.
銅が発見されるまでは、人里はなれたひっそりとした山村でした。

慶長15(1610)年、備前楯山に銅が発見されたと言われ
その後.江戸幕府直営の鉱山として大いに栄え、
足尾千軒”といわれる程、人家も建ちならびました.
そして、足尾でとれた銅は東照宮や江戸城、芝の増上寺、
上野の寛永寺の屋根に使われたり、寛永通宝(足字銭)というお金にもなり
約2億枚が製造され. しだいに銅が取れなくなり、廃山のようになってしまいました。

明治10年になって「古河市兵衛」が経営するようになり.
そして当時日本の鉱山運営において最新の技術、設備をとり入れた事により、
銅山は急速に発展し、我が国の産銅の40%以上を生産し、
東洋一の銅山とよばれるようになりました.
しかし、産銅の増大に伴い、煙害や水質土壌汚染が広がり、深刻な問題となりました。
明治24(1890) 年 田中正造が国会で、足尾銅山鉱毒問題を取り上げ、
大きな社会問題へと発展していきました。

大正5(1916)年には人口も、38、428人に達し、
県内では宇都宮市(5万8千余人)に次ぐにぎわいを見せました。
その後、戦争のために無計画に掘り出した結果、銅を思うように生産できなくなりました。 ついに、400年近くも続いた「足尾銅山」も1973.年2月に様々な歴史を残して
閉山となりました。
saiseki66.jpeg

負の遺産などど 言われても 大切なのは これからの現実と未来
歴史を踏まえて. 前向きに 復興させる事は 素晴らしいと 思います
saikeki55.jpeg

うん? 終わりと思わせつつ 木曜日にも 印東くんと足尾に行って来ます.

テーマ:写真と言葉..日々の印象 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/02(月) 18:24:48|
  2. 足尾銅山.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

太陽のあたる場所へ.足尾銅山.

ashio101.jpeg
太陽のあたる場所
Stevie Wonder - A Place In The Sun


Stevie Wonder - A Place In The Sun 66年.
歌詞は 下に 載ってます.

ashio444.jpeg
太陽のあたる場所

一本の長くて孤独な川のように
僕は夢に向かって走りつづけている
立ち止まらずに 先へと進んでいる

一本の樹の小さな枝のように
僕は自由を求めて手を伸ばし続けている
もっと先へと あきらめないで

古くて埃まみれの道のように
僕は重荷にうんざりしている
でもどんどん行くんだ もっと先まで

くたびれて問題だらけの、この地球のように
生まれてからずっと僕は転がりっぱなしさ
ぐるぐる回れ 止まっちゃいけない

だって太陽のあたる場所はかならずあるから
そいつは誰にでも希望がある場所で
僕の貧しく不安な心も追っ掛けるべき場所なんだ
そうさ、太陽のあたる場所はかならずある
命がつきてしまう前に
太陽のあたる場所を見付けよう
ashio222.jpeg


ashi333.jpeg


ashio160.jpeg


ashio666.jpeg


ashio1111.jpeg
足尾銅山の詩

資本主義の先駆として開かれた
集落が消え
川に
清らかな流れがもどった

さく岩機の響きが消え
地底に
静けさが戻っている
鉱石を求めてきり開かれた
坑道はそのままに

企業主と従業員
時には相対しても
銅山(ヤマ)に暮らす人々は
いつも連帯し
心豊かな日々を過ごした

月光が
社宅跡の石垣を照らす
時代のうねりの中で
懸命に生き抜いた
人々の魂と共に

テーマ:写真と言葉..日々の印象 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/28(水) 20:08:15|
  2. 足尾銅山.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

足尾銅山.本山製錬所.内部.1550~1973.銀塩.

ashio11.jpeg


ashio22.jpeg
足尾銅山の詩

資本主義の先駆として開かれた
集落が消え
川に
清らかな流れがもどった

さく岩機の響きが消え
地底に
静けさが戻っている
鉱石を求めてきり開かれた
坑道はそのままに

企業主と従業員
時には相対しても
銅山(ヤマ)に暮らす人々は
いつも連帯し
心豊かな日々を過ごした

月光が
社宅跡の石垣を照らす
時代のうねりの中で
懸命に生き抜いた
人々の魂と共に
ashio33.jpeg


ashio44.jpeg

ashio55.jpeg

ashio66.jpeg

足尾銅山.本山製錬所.内部.1550~1973.銀塩.

タイムスリップした ような 世界

足尾 深い 過去を背負っても それでも 住んでいる人には 

温かい ぬくもりを 感じました



テーマ:写真と言葉..日々の印象 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/26(月) 03:14:26|
  2. 足尾銅山.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

td.lemon

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ